アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎では、慢性・反復性に湿疹を繰り返します。
悪化してから対応するのではなく、悪化させないように病状をコントロールしていくことが大切と考えられます。
治療の基本は外用療法になります。湿疹(皮膚炎)は皮膚自体に炎症が起きているわけですから、
直接外用薬で炎症を抑えることは理にかなっています。
しかし、外用薬もいろいろな種類がありますし、塗り方にもコツがあります。
重要なのは、外用薬をどのように使っていけば
アトピー性皮膚炎の病状を抑えていけるかを知っていくこと。
当院では外用薬の使い方についても十分に説明するよう心がけています。
また、最近アトピー性皮膚炎の新薬が次々と登場してきていますが、
当院でも積極的に取り入れています。